2011-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台レポート

通常使うくだらない日記とかのカテゴリは全部「(笑)」にしちゃってるんだけど、これ、笑い事じゃねーよ!!

え~、先日の日記でも書いた通り、仙台に行ってきました。
地震の影響で新幹線では行かれないので4/1の夜高速バスに乗って2日の早朝到着して3日の夜にまたバス乗って4日の朝戻ってくるというものでした。
末期の癌の伯母のお見舞いで、泊まるとこはあとで決めればいっかーって感じでした(地震のせいでネットで探しても予約が取れなかったのよ)

まず早朝仙台に到着して駅前でこんなの発見
PICT1051.jpg
早速地震の爪痕に遭遇ですね。

あとで知るんですが、町中歩くとそこかしこに規制線張られてたりしてましたね・・・
病院のトイレの奥の壁もビシィィィッとヒビが入ってたりしてました。

伯母についてはまぁ内輪の話なのでここでは書かないです

で、泊まるとこどうすんだーって話になって、叔父が連絡とってくれて、親戚?の家に一晩お世話になることになったので、たぶんこういう流れにならなかったら津波がどんなに恐ろしいものか知ることはなかったんじゃないかなー・・と思います。

えっと、宿を貸して下さった方をSさんと呼びますね。日記書きづらいんで

病院まで迎えに来てくれて、車で家まで向かう途中もいろんなもの見ました。
広い空き地にプレハブ小屋?いっぱい建ててあって、ここが仮設住宅になるんだよーって教えてもらったり、
高架線の上では新幹線が立ち往生したままだったり、Sさんのお知り合いなどの被害状況もたくさん聞きました。
地震当時、仕事に行っていたSさんの息子さんも買ってまだ9か月しか乗ってない車が津波で流されたそうです。
地方は車が大事な足ですからね・・・

で、午後もまだ時間があったので、息子さんが津波の跡案内してくれるということで、車でいろんなもの見せてもらいながら、地元の人しか知り得ないことをたくさん話して下さいました。
津波の跡なんて写真撮るの被災者にの方に忍びないな~・・・と思いつつちょこちょこ撮らせていただきました

PICT1064.jpg
工場もこんな廃墟のようになってしまう・・・

PICT1069.jpg
仙台空港前です 街灯とか根元からぼっきり折れるんですか信じられない
滑走路とかは入れなかったです。中国とかアメリカとかの人たちが出入りしているとか?

あとは街灯も同じ方向に倒れているわけではなくて、津波で倒されたもの、引き波で倒されたものとがあって、津波は引いていくときもものすごいパワーが働いているのだなぁと・・・

PICT1074.jpg
車も・・・いったい何があるとこんな風になれるのでしょうか・・・
車の中にもう誰も乗っていないことを確認したシールが窓に貼られています。

PICT1076.jpg
閖上地区と言ってたかなここは・・・とても被害が甚大な場所の一つで部外者はこれ以上先に進めなかったです(・・・ってこれ反対方向の写真だよ)

もっといっぱい写真は撮りましたけど、あまり晒しすぎるのもどうだろうとか思っちゃうので之くらいにしときます・・・

写真なんかじゃ伝わらないんですよね・・・あの空気感・・・
まるで戦場のようでした・・・
道路の両脇はまだまだ手つかずの瓦礫の山ですし、車で走るだけですごい砂埃立つし、世界が茶色く霞んでて交通整理も迷彩服の自衛隊・・・
まるで戦場じゃないですか・・・

息子さんによると車の形が綺麗に残ってたりすると、回収は後回しにされてまだその中に遺体が入ったままのとかいっぱいあるとか言ってました
(それを聞いて写真を撮ることにものすごく躊躇する)

食品関連の倉庫が並ぶ場所では、あの地震の後、次の日ですか・・・倉庫は襲われて食料品強奪されたり、その次の日は車上荒らし?が横行したそうです。

まるで戦場じゃないですか・・・
生きるのに必死になるって・・・

もし自分がこのような状況に置かれたとしたらと考えるとホントに恐い・・・

被災者の人は外の人(報道とか記者の人ですかね)に「頑張って下さい」って言われるとこれ以上何を頑張れっていうんだってやっぱり腹が立つそうです。まぁそうですよね・・・
逆に避難民の人も長い避難生活でだんだん我が侭になって、こっちはもっと自分で動いてみろよ!って言いたくなるそうです。
車一台の被害で済んだSさんたちにはまた違う目でこの状況が見えるのでしょうね
やっぱり命があるだけでよかったって言ってました。

そんな感じで津波レポート。
仙台滞在中はたいした揺れはなかったでした。

次の日Sさん宅を後にして、また病院に行き、しばらく仙台駅周辺の商店街とかをグルグルしてたりしてました。
まだ若干の不自由さはあるものの、すごく賑わってて、雰囲気は吉祥寺の商店街でした!!
地震以来世界が止まったようになってたものも4月になったら会社が再開し始めたところも多いようです。

そいえば私が行ったときは、マックとかのファストフード店はどこも閉まってて、吉牛は閉まってたけど他の牛丼屋は開いてるところもあったな。
コンビニは被害が大きい場所以外は時間限定で再開してて、東京に帰る前の時間つぶしにいろいろ歩いてたりしたら、セブンイレブンは夜も営業していた!!

少しずつ元に戻ろうと動き始めている。自分たちは遠くから思いを馳せることしかできないけれど、宮城、岩手、福島、茨城、被災された人たちが早く安心してくらせるように祈りたいですね。


以上です!!!
スポンサーサイト

「東日本大震災チャリティー展」参加します

「東日本大震災チャリティー展」

4月12日(火)~17日(日)
11:00~20:00(最終日は17:00まで)
入場無料
絵画、ポストカード等の展示販売を行います。
ご購入頂いた作品は、即日お持ち帰り頂けます。


■チャリティー・オークション
4 月12日(火)~15日(金) 17:00まで
参加費無料



4 月16 日(土曜)
チャリティー・ライブ“ONE”
入場料無料
14:30~15:00 桂扇生( 落語家)
15;00~16:00 小野寺マキ( 声楽家)+楠直孝( ピアノ)
16:00~16:30 小野寺マキ( 声楽家)+山井綱雄( 能楽師)+楠直孝( ジャズピアニスト) のコラボレーション
16:30~17:30 羽衣の装束着付け実演・羽衣の舞 山井綱雄(17時~能楽師中村昌弘・村岡聖美も出演)
*各々の間に休憩あり


<会場>
アートコンプレックス・センター 地下ホール、2階ACT 1
東京都新宿区大京町12-9
tel/fax 03-3341-3253
http://www.gallerycomplex.com/
info@gallerycomplex.com

<義援金 寄付先>
日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

**********

くおんはイラスト1点と展示する絵のポストカードを販売します!
どうぞよろしくおねがいしますっっ

・・・っと先に仙台レポートの前に展示の宣伝でした~~
もう既に会期始まっちゃってますけどね(汗)

どんな絵か気になる方は先にpixivにイラストupしてみたので、こちらでどーぞ!
部屋に飾っても素敵と思えるような絵を目指して頑張ったので、う、売れるといいな・・・!

pixiv id=53450

生きてます すみません

ラクガキオリジ102スターリー

長らくサイト上から姿を消しててスミマセン くおんです 生きてますよ

日記書くのさぼっていた間にいろ~~~~~~~んな書くことあったはずなのに、もう今さらこと細かく覚えてないですよね

そして展示の宣伝すら怠るという ついでにティアのお礼すらすっかり書くの忘れてるじゃないですか
ほんの短い間にとっても堕落した人間になってるじゃないですか最悪だ

これから絵もサイトの方もうまくバランスがとれるように少しずつなっていきたいですね がんばります

一言でいえばこの消えてた2か月間依頼で漫画描いて(世には出ませんが)ピクファンで遊びまくっていたということです
ピクファンはまともに描けなかったけれども、学んだことが少なからずあるはず。自分の絵にとって。
デジタル絵ももうちょっと頑張りたいなと思うようになりました。
線一本の勢いも大事だなと思いました。
2日で1からネタ考えてマンガ投稿したのは一番いい経験だったかもしれん。自分やればできるじゃんかと。
・・・っていってもまだ未完成なので、今他のことちょこちょこやりつつのろのろと修正中ですが。

・・・あ、上の絵ですがね、あの震災があってから笑顔を描こうって運動みたいのがあったじゃないですか。
数日で終わってしまったけれど、自分は「1日1えがお」を描こうとやってたうちの1つです。こいつだけ晒しそびれたスターリー。


それと、4月頭に仙台行きました。
地震で交通手段が少なくて大変なのに何をしに行ったかというと、危篤と聞いて伯母のお見舞いです。末期の癌で地震とたぶん関係ないのですが・・・
それで、今日の日付けが変わってすぐに亡くなったそうです・・・。
今回葬式には出席できないですが、49日には行く予定です。
でもちゃんと顔見れて良かったと思うよ。私のことも分かってもらえたし、しっかりした声も聞けたので。
関係ないですが、昨日テレビ(今テレビがないので母のケータイのワンセグ)でドラマ見てて男の子の「ありがとう」という台詞の直前に大人の女の人の声で「ありがとう」ってありえない声が聞こえて(私だけ)、そのあとにその訃報を聞いて、母「おばさんの霊じゃないの?」私「なにそれこわい!」ってやりとりになったりもしたんですが、
仙台にいる間一晩泊めてもらった親戚?(あまり把握できてない最悪だ)のおばさんが、夜中、伯母の霊魂がひたひたひたーっと歩いてきたとかいうもんだから・・・ねぇ・・・ホントだったらすごいわぁー・・・

そんな仙台のお話ですが、一晩泊めてもらうついでに町を案内してもらって、津波の被害現場とかいろいろ見せてもらっていろいろお話を聞いたので、遠くにいてどんな状況なのかが表面的にしか分からない自分達に少しでも情報が伝わればと、これから別記事でまとめようと思います。

しばしお待ちを~

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:くおんれいの 謎の住人です バナー

Author:くおんれいの
メルヘンコピック
イラストレーターです。
アナログ画材をメインにいろいろ描いています。

イラストサイト Rural Home
バナー

最新記事

最新コメント

twitter

カテゴリ

(笑) (246)
~Pieces~ (2)
創作 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。